選ぶならAndroidアプリ開発

スマートフォンやタブレットの普及によってアプリ開発には高い需要があります。
OSごとに特化してアプリ開発を行うのが業界ではスタンダードでした。
近年では複数のOSに対応できる開発環境も整ってきていますが、一つのOSに特化した能力を持っているエンジニアを求める企業が依然として多いのが実情です。
その中でもAndroidアプリ開発の求人は豊富にあって選択肢が広いのがメリットです。

Androidアプリはハード側の種類が多くて画面サイズやボタンの仕様も異なるものがあるため、柔軟に対応できるアプリを設計する必要があります。
アプリ開発をする上で高いスキルと経験を求められるものの、開発ペースが早いので成果が上がりやすいのがメリットです。
そのまま開発を続けることも、開発したアプリの運用や管理を担っていくこともできます。
さらに需要の高さからAndroidアプリの開発者として独立も可能なため、フリーランスを考えている人にもお勧めです。

しかし、Androidアプリ開発の求人を選ぶのにはデメリットもあるので注意しましょう。
開発スピードに関する現場の要求が大きく、仕事に追われがちになります。
また、個々のアプリの規模も小さく、本格的なプログラムを制作して達成感を得たいという人にはあまり向いていません。
また、OSのシェアを考えると日本ではトップというわけではなく、やや他のOSにシェアで劣ってしまっています。
少しでも多くの人に使ってもらえるアプリを制作したいと考えている場合には、Androidアプリの求人が最適というわけではないのです。