職場の見極めが大切

Androidをはじめとするアプリケーションエンジニアは、システム設計や開発、運用、保守など様々な業務を担当する専門職として、国内のIT企業だけでなく、多くの官公庁や一般企業の間で需要が高まっています。
特に、アプリケーションエンジニア以外の経験も豊富な人や、特殊なシステムの開発に長けている人は、恵まれた待遇で働くことができるため、時間を掛けて理想的な職場を見つけることがおすすめです。

また、アプリケーションエンジニアが転職をした後に、ギャップを感じることなく働きたい場合には、就職活動を通じて企業ごとの業務内容やサービスの幅の広さについてじっくりと把握をすることが大事です。
アプリケーションエンジニアに期待される能力については、業務の難易度や職場内のエンジニアの経歴などに大きく影響を受けることがあります。
そこで、長く働けそうな職場を見極めるうえで、求人に応募をする前に、採用担当者に具体的な仕事の特徴について質問をしたり、業界研究セミナーなどに顔を出したりすると良いでしょう。

また、転職経験が豊富なアプリケーションエンジニアの中には、収入や休暇制度、福利厚生などの点でもギャップを感じやすい人も少なくありませんが、待遇の良し悪しにこだわるうえで、採用面接の際に担当者としっかりと交渉をすることも大切です。
その他、アプリケーションエンジニアのやりがいや大変さ、将来性などを把握するために、IT業界内で長く勤めている先輩や友人などと意見を交わすのも良いでしょう。